日本語 English
エンタテインメントコンテンツの契約と国際法務はお任せください
石橋法務行政書士事務所

マイナンバーとカードの使い道

マイナンバーの個人への通知が開始されてからまもなく2年。この2年の間、マイナンバーなしでどこまで生きていけるのか、を自ら実践してみた。結論は、「全く不便はなかった。」会社員だった時、会社から要求されても固辞すれば済んだし、確定申告の時も、オンラインで番号を入れることなく、申告し、税務署から確認の連絡すら来なかった。年金を支給されるような年になるまで、全然入らないのかもしれないとすら思った。結論が出たので、ここから方針を180度変更、「じゃあ、あれば便利なのか?」をこれからは追求することにした。で、第一弾、マイナンバーカード取得。

1. 申請

マイナンバーの通知書にその申請書が添付されていたらしいが、通知の書留を拒絶したので、申請書がない。仕方がないので、新宿区役所にいって、どうすれば申請できるんですか?と聞いたら、「え、ないんですか?(通知を拒絶しといてマイナンバーカードが欲しいというのは確かに矛盾する)」と不思議な顔をされたが、ちょっと皺の寄った申請書をくれた。これに書き込んで、写真を貼って郵送すればいいとのこと。申請は無料。マイナンバーでオンライン申請を進めるらしいが、マイナンバーカードはオンラインでは申請できないらしい。

2.写真

いつも焼き増しをお願いしている伊勢丹に、オンラインで申し込んだら、伊勢丹から電話がかかってきて、「お客様の写真は、正面を向いておりませんので(いわゆるポーズ写真のため)、マイナンバーの申請には使えませんが、大丈夫ですか?」と言われる。さすが、伊勢丹、マイナンバー用で申し込んだら、ちゃんと気がついて注意をしてくれた。アプリのSNOWで撮った写真を適当に印刷するわけにもいかないので、駅にある証明写真機を利用。ものすごい犯人顔に写るかと思ったら、今時の証明写真機は、名前が『Ki-Re-i」というのもあり、昔よりずっとクオリティ高かった。この写真を貼った申込書を郵送。

3.連絡とピックアップ

申し込んでから約3週間後、マイナンバーカードができたので、ハガキの宣誓書みたいなのを記入した上で、ピックアップの予約をして、来所してくださいというハガキが新宿区役所から届く。ネットで予約時間をみると、30分刻みで平日の9時から4時まで。えっとサラリーマンこの時間帯行けませんけど、と思うが、サラリーマンではないので、大丈夫そうな時間を選ぶ。時間を選ばなければ5日後くらいには予約できる状態だった。申し込んでから一ヶ月くらいかかることになる。

ピックアップに行くと、ちょっと待ったあと画面の前に座らされ、パスワードを入れる作業をする。待っている間暇だったので、職員の方に、どれくらいの方が申し込まれているんですか?と聞いたところ、「新宿では1割位でしょうか?」との答え。1割もいないかも、と思う。私が申し込んだのは電子認証用なので、それが必要なければ、多分10分もかからないでカードがもらえると思う。カードの表には、住所・名前と生年月日と写真、裏には個人番号と名前と生年月日が書いてある。つまり、裏を誰かがコピーしたら、その番号が誰に紐づいているか、一目瞭然。番号のところが隠れる袋には入れてくれるのだが、番号を見るためには袋から出すので同じこと。マイナンバーカードは身分証明に使えるといっても、外で身分証明書を見せると「コピーさせてください」と言われることが多く、そうっと両面コピーされる可能性は十分あるので、やはりとても恐ろしくて証明書としては持ち歩けない代物である。

4.どこで使用できるか

身分証明書として使えること以外に何に使えるのかを調べる。コンビニで住民票が取れるとあるが、印鑑カードがあれば、あちこちの区役所・出張所で取れるので、特にいらないし。政府広報オンラインをみると、「マイナポータル」というサイトがあって(マイナンバーもそうだし、マイナポータルって英語に訳すのに説明が必要で、とても困るのですが)、そこでマイナンバーカードで色々とオンライン申請ができるとある。これは、2017年7月にできたサイトらしい。そのポータルに行くと、認証用のソフトインストールとICカードリーダーの準備は必要(2,000-4,000円位で手に入る)とある。それは良いとして、その後何ができるかであるが、現状(2017年9月)児童手当と保育園申し込みだけであった。地域にもよるかもしれないが、このサイトでは、子供のいない私ができる手続きはゼロ。ということで、今のところとったカードの利用価値は、果てしなくゼロであることが判明した。今後のサービス追加がどれくらいあるのか、期待してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です