日本語 English
エンタテインメントコンテンツの契約と国際法務はお任せください
石橋法務行政書士事務所

日本が「都合のいい外国人」を求め続けてきた30年を振り返る- 現代ビジネスより

「昨年12月に可決された改正出入国管理及び難民認定法(以下、改正入管法)が、4月から施行されている。だが同法は問題だらけだ。従来の「技能実習制度」にも問題が多々あったが、改正入管法でその難点が解決されたとは言い難い。なぜ問題含みの法律が施行されてしまうのか。それを理解するためには、日本政府が外国人の受け入れについて、これまでどのようなスタンスをとってきたのかを確認するのが一番だ。」- ウェブからそのまま引用

日本がどのように外国人を受け入れてきたのか、現代ビジネスはこれ以外にも色々なコラムを掲載していますが、このコラムはその中でも我々に外国人の人権問題を考えさせる、骨太な特集、在留申請を業務とする申請取次士としては、知っておくべき内容だと思う。詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です