日本語 English
エンタテインメントコンテンツの契約と国際法務はお任せください
石橋法務行政書士事務所

何故アメリカ政府系エージェントは、「移民の国」という言葉を削除したのか – The Guardian

先週USCIS (アメリカ市民&移民サービス)の任務声明が変更された。アメリカはもはや「移民の国である」ことを約束しない。移民が作って来たアメリカは、今、移民ではなく、市民と国土を守ることを第一義として、移民へのベネフィットは第一義を果たすための時宜的なものになる。

記事はこちら↓

https://www.theguardian.com/commentisfree/2018/mar/02/america-nation-immigrants-uscis-deleted

トランプ政権になってからの移民政策でそれは明らかではあったとはいえ、「我々があなた方を歓迎しませんよ」と公式に宣言されているようなもの。それにしてもこの政権、ほんとにいつまで続くんだろうか・・

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
No articles